株式会社かわっち

かわっちは、
社会に対し情報価値と情緒価値を
生み出し提供することで、
多様性のある豊かな
暮らしづくりに貢献します。

NOVEL

第10艘「午前2時の女たち」

 耳の中でパァン、と乾いた破裂音がした。それは普段の私とは全く無縁で、テレビドラマなんかでしか聞かないものだったが、この歌舞伎町という街によく合っていた。ぎらついたネオンなんかより、むしろこっちが本当なのだろう。常に危な […]

第9艘「準備は念入りに」

「あたしさ、ヤったんだよね」  朱華にそう告げられたのは、高校二年生の夏休みだった。確か終わりの方だったと思う。当時の私はインターハイや選抜で毎年成績を残している強豪ソフトボール部に所属していて、日々練習に明け暮れていた […]

第8艘「気の置けない仲人」

「だからね、思うのよ。恋人と賃貸マンションは一緒だって」  ドン、とビールジョッキをテーブルの上に置き、私は鈴鹿に言い放った。彼が悪いわけでは決してないのに、男というだけで今は腹立たしかった。理不尽な敵意を向けられた彼は […]

第7艘「初夏の尋ね人(後編)」

「……え?」  思わず箸を取り落としそうになった。茹で卵なんかよりもずっと脈絡がない。 「……急にどうして?」  箸を握る指に力を入れながら、愛想笑いを浮かべる。アルコールのせいもあって、シャツまで浸透してしまうのではな […]

第7艘「初夏の尋ね人(前編)」

「しばらく和花さん家に泊まっても良いですか?」  瑞姫ちゃんの突然の申し出に、私はえっ、と言葉を詰まらせた。  彼女は学生時代に所属していた旅サークルで、一番仲の良かった後輩である。歳は二つ下。けれど、すらっとした外見と […]

第6艘「知らぬが仏、言わぬが花」

カーテンの引かれた窓ガラスを叩く微かな音が聞こえてくる。また雨が降り出したようだ。俺は小さく息を呑んだ。 落ち着いていた心拍数がゆっくりと、確実に上昇していくのを覚える。内側で煮え滾った熱は行き場を失い、皮膚を生温く湿ら […]

第5艘「私のリョウくん」

 私のリョウくんは、世間的に見て影の薄い人間だ。彼と面識がある人の中で、彼の顔をちゃんと覚えている人はそれほど多くないだろう。今だって、かけている黒縁の分厚い眼鏡に印象の全てを奪われてしまっている。どこかのメーカーが作っ […]

第3艘「ふたたび」

雲一つない真っ青な空の中心で、冬の太陽がギラギラと輝いている。二月でも温かいとは聞いていたものの、これほどだとは思っていなかった。東京の肌感覚で言うと初秋。歩いているだけで脇や額に汗が滲む。潮風による寒さ危惧して選んだ薄 […]

第2艘「ひつようあく」

白く曇った窓ガラスを通じて、夕暮れの景色がふわりふわりと移ろいでいく。平凡な街並みは親元を離れる前と大して変わっていない。このまま眺めていたら座席下のヒーターの熱も相まって眠ってしまいそうだ。久しぶりにマスカラで伸ばした […]

第1艘「シロかクロか」

大人の世界はグレーだ。 齢二十四歳、社会人になってたった数ヶ月しか経っていない私でさえ、それをひしひしと感じる。学校生活が人生の全てだった高校生の頃は早く大人になりたいと切に願っていたはずなのに。大学生になってアルバイト […]

かわっち

かわっちは、
社会に対し情報価値と情緒価値を
生み出し提供することで、
多様性のある豊かな
暮らしづくりに貢献します。